【抗うつ薬は太る!?その原因とは?】
抗うつ薬の中でも、抗ヒスタミン作用のある薬には、その副作用として、食欲を増進させる働きがあるため、太りやすくなります。食欲を増進させる働きの元となるのは、抗うつ薬に含まれる「グレリン」という物質が主な原因とされています。グレリンは、インスリンや、中性脂肪、コレステロールの値を変動させないで、食事の量を増やしてしまうという作用があるので、太ってしまうのです。

また、グレリンには、体脂肪の燃焼を抑える作用もあるので、余計に肥満を助長させてしまいます。グレリンを含む抗うつ薬を飲むと、食事の摂取量が増える上に、体脂肪も燃焼されにくいので、徐々に、体重が増えていきます。これが、抗うつ薬を飲むと太るメカニズムです。

この「グレリン」という物質は、抗うつ薬のように、脳内に作用せずに、お腹や血管に入った場合でも、体重を増加させる働きがありますので、注意が必要です。また、抗うつ薬の中には、その他に、セロトニン受容体遮断作用のある薬があります。セロトニン受容体遮断作用のある薬は、満腹中枢を刺激しなくなるため、食欲を増進し、グレリンの分泌を促すことで、体重の増加をもたらしてしまいます。

つまり、抗うつ薬のうち、抗ヒスタミン作用のある薬と、セロトニン受容体遮断作用のある薬は、太る原因を招くという副作用があるのです。

【太る抗うつ薬、その具体的な薬の名前は?】
抗ヒスタミン作用や、セロトニン受容体遮断作用のある抗うつ薬とは、具体的にはどんなお薬なのでしょうか?薬の名前を挙げてご紹介します。まず、抗ヒスタミン作用の強い抗うつ薬は、具体的には、リフレックスや、パキシルがあります。トリプタノール、トフラニール、アナフラニールなど、3環系の抗うつ薬といわれているお薬も、同じく抗ヒスタミン作用が強いとされています。

また、リフレックスや、レメロンは、セロトニン受容体遮断作用のある抗うつ薬です。