抗うつ剤には、様々な副作用がありますがその中でも代表的な抗うつ剤の副作用が太ってしまうということです。いわゆる、体重増加なのですがこれは色んな種類の抗うつ剤に共通しているような副作用だと言っていいですね。

■抗うつ剤の副作用で太るのか
抗うつ剤の副作用で太るか、ということですがそういうこともあります。抗うつ剤を飲むと必ず太るというわけではなく、個人差があるのですが太ることがあるということ自体は本当です。しかし、なぜ抗うつ剤を飲むことで太ってしまうのかということなのですが、それは抗うつ剤の中に入っている抗ヒスタミン作用という成分が体内に作用することが原因と言われていますね。

抗ヒスタミン作用というのは食欲が増進するという副作用があるんですね。

■どういう作用をするのか
抗うつ剤の中のペプチドホルモンの一つに数えることができるグレリンという物質があり、これが体脂肪を燃焼させエネルギー仕様をすることを抑制する働きがあるんですね。そうすると、食欲が増えているのに体に取り込んだ脂質や糖質などの脂肪分が全然燃焼されない、一種の動物の冬眠状態に近いような現象が体に起こるんですね。

よく食べる、でもエネルギーを消費しないというような形が結果として太りやすくなってしまう、ということなんです。

■抗うつ剤で太ることに注意するには
うつ病になってしまうと、外出をしなくなったり運動をしなくなってしまったりすることが多いんですね。それが、余計に太るようになってしまうんです。だから、そうならないためには抗うつ剤を使う間はなるだけ日々動くようにし、活動的に生活をおくるようにするということに気をつけるだけで、太りにくくなります。