現在では、抗うつ剤も一種類のものではなく神経伝達物質の種類に応じて使い分けがされるように様々なタイプの抗うつ剤が開発されているんですね。

そして、その働きというのは脳内のシナプスの狭い隙間の中で送り手側に再取り込みされるのを防ぎ、脳内の神経伝達物質の量を増やします。

うつ病の治療をするための抗うつ剤の使い方

うつ病というのは、様々な症状を起こして進行していく病気なのですね。うつ病患者さんの多くは、神経伝達物質の脳内バランスが上手く取れないことによって、様々な症状を併発させるのですが、特にその中でも多いのが不眠症ですね。

脳内の神経伝達物質のバランスが崩れてしまうと、覚醒状態が継続してしまって不眠症になってしまうことがあるんです。実は、不眠というのはうつ病と併発しやすい症状の一つなので抗うつ剤と一緒に睡眠薬を初期の治療の際から併用することもあるんですね。

不眠の症状、というのはうつ病をより重たいものにさせてしまうことがありますからね。だから、まずは不眠症を緩和させていくことによって、症状を取り除きそしてうつ病の根本を治療していくというような形になっているんですね。

なので、不眠症を併発させているようなうつ病の治療には睡眠薬との相互作用が少ないような抗うつ剤を使うということが望ましいんですね。

そして、抗うつ剤を使う際には具体的にどんな働きがあるかということも知りましょう。抗うつ剤の中でもSNRIを代表にして見てみると、セロトニンやノルアドレナリンという神経伝達物質は送り手側の神経細胞の末端から、受け手側にある神経細胞の末端に対してただただ送られているわけではなく、シナプスに受け手にある受け取られなかった神経伝達物質を再度送り手側に戻すというシステムがあるんですね。

これを再取り込みというのですが、送り手側にある神経細胞に、受容体があるんですね。SNRIは、この再取り込みをするための受容体を塞いでしまい再取り込みをできないようにすることで、シナプスの間に神経伝達ぶっ知るが増えるように働くのです。

薬の調節について

薬の効果がわかったかと思いますが、このシナプス感の神経伝達物質はとにかく増えればいいというものではないんですね。だから、当然SNRIなどの抗うつ剤を使用する際にはその服用する量にも気をつけなくてはいけないんですね。

しかし、この服用する量というのは基本的に抗うつ剤を医師が処方してくれるときに指示を出してくるのでそれに従って使っていれば問題はありませんね。

基本的に、治療のはじめ頃は量を少なめなところから始めるようにして、体の反応や副作用というようなところの現れ方を見極めつつ、徐々に効果が出るように量を調整していくというような使い方になっているんですね。

そして、抗うつ剤を実際にしばらく飲み続けていくことによって効果を診ながら使って調整していくというような使い方で症状の収まり方などを見たり、再発の可能性なども判断してまた薬の量を減らしていくという形で治療完了に向かうようになっています。

なぜ薬の調整が必要か

それは、抗うつ剤というのは比較的副作用の出やすい薬だからなんです。抗うつ剤のコントロールは、しっかりとうつ病の症状を改善しながらも副作用が重くならないようにする、ということで判断して使っていくんですね。

更に、勝手に自分で薬をやめると発汗や吐き気などの症状が出ることもあるので注意が必要です。

抗うつ剤が欲しい時にはどうしたら手に入りますか?抗うつ剤は医師に処方してもらうしかない

気分が落ち込んでいる、心が安定しない、そういった時に抗うつ剤が欲しいと思われる方は少なくないのではないでしょうか。

しかし、どのようにしたらその抗うつ剤は手に入れる事ができるのかわからないという声もあります。なので、抗うつ剤はどのようにしたら手に入るのか解説致します。

抗うつ剤は薬局などでは買えない

仕事などが忙しく医者にいく時間がない、医者にいく程重い症状ではない、などの理由から薬局などで抗うつ剤が購入できないかと考えている人は多いでしょう。

しかしながら、基本的に抗うつ剤などは薬局では買えません。ただセロトニンを増やし気分を良くするサプリメント程度であれば置いてありますから、そちらを試す価値はあるでしょう。

また抗うつ剤をネットなどを使って個人輸入するなんていう方法もありますが、こちらはお勧めできません。なぜならそういった薬には安全性にも不安が残りますし、仮に副作用であったり何か自分では対処できないような症状が出てしまった場合には大変です。

なので気軽に手を出すようなものではないと言えるでしょう。

抗うつ剤は医者に処方してもらう

抗うつ剤が欲しいと思ったら、薬局でも輸入でもなく、病院にいきましょう。そして医者にしっかりと処方をしてもらうようになさってください。

これが抗うつ剤を手に入れるための一番の方法です。時間がない、面倒、そこまで症状が重くないのに病院なんて大袈裟、色々な考えがあるでしょう。

しかし、抗うつ剤が欲しいと思っている状況というのは、やはり心が疲れている状態です。早めに医者にかかって適切な指導や処置を受けて損はないと言えるでしょう。

抗うつ剤が欲しいと思っても、気軽に薬局で手に入れるという事はできません。セロトニンを増やすサプリなどはあるので試してみる価値はありますが、抗うつ剤程の効果はやはり期待できないでしょう。

また個人輸入は安全性などの保証がありませんから、全くもってお勧めできません。抗うつ剤が欲しいと思ったら、病院に行って医者に処方してもらうのが実質的に唯一の方法です。